*

安全第一

やっとエントリーする時という局面では、第一に準備をしなくてはいけません。

 

取引を行う前であるとすればその物を客観的に調査する事ができる余裕があります。

 

だが、一回相場の中に足を踏み入れると、どう工夫しても見解が偏ったものになる場合があり、重要な時にちゃんとした判断が出来なくなる不安があります。

 

その分自分自身の精神が客観的な段階で、きちっと準備が大切です。

 

その"準備"とは、まずは自分の台本を作成する事からスタートします。

 

この先のマーケットは上がる(または下がる)から、この外貨を買う(あるいは売る)というような、自分で考えたストーリー展開を考えていきます。

 

次に日足チャートをチェックしましょう。

 

為替レートの上げ下げをチェックして相場を確認する。

 

そうすると、「今現在は結構低いレベルにあるな」もしくは「すでに多数の方が売買しているからこれから先自分が買い(または売り)しても今となっては遅いな」ということが判断できます。

 

もはやしかけるのがやりようがないと思ったならばこの状況では潔く吹っ切ることが重要です。

 

どう試みても自分の筋書きを妥協しないで、諦めずに注文すると外国為替市場に押し返されてしまい、そればかりかマイナスになる可能性があります。

 

とは言っても大体の場面で、緻密な自身の脚本を描いておけば買い(または売り)が遅いなという具合にはなりません。

 

たぶん、具体的にマーケットが上げ下げする前の状態のはずです。

 

更に、差し当たり自分自身が売り買いしようとしている売買ポジションの変化を、注意深く見る事が重要です。

 

例えばドル高に向うと予想する台本を作ったのであれば、ドル円の変化に注意を払っておきます。

 

市場の変動を確認し始めた状況では、該当の外貨ははっきりと推移する様子を見せず上下にわずかな上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

しかしながら、その変化を正確に気をつけていると、ある状況でじりじりと円安へと市場が向い始めます。

 

そこでいよいよ、ドル円の新規注文を出すのだ。

 

一般的に、計画をすればそのトレードで勝てる可能性は割合高くなります。

 



コメントする


無料査定

お試しセット

サプリメント

サーバー

口座開設

看護師